雑炊レシピ

すっぽんの捌き方に関して

すっぽんをさばくときのコツとしては、一番のポイントとして首を落としてから調理するのですが、この時に初心者の人は切りやすいように、すっぽんが首をひっこめないように家にある雑巾などをかませて首を引っ張り出すようにし、首を出しているうちに体重をかけて力いっぱい切り落とします。
ここで切り落とした頭から血を流すので生血を取りますが普通に取ると血はすぐに固まってしまう為に、器にワインやお酒を入れていくようにすると固まらずに取っておけます。

またすっぽんはほとんどの臓器が食べられるので甲羅はスープ用に取っておき胆嚢と尿袋と爪は食べられないので、外したらすぐにゴミとして廃棄しましょう。
すっぽんを捌くときはしっかりと裏返して、調理しやすい体勢にしてから捌くようにしましょう。

スムーズに調理したい時は生血を抜き終わったら、ここでうす皮を剥くのですが、沸騰した湯に入れておくとすっぽんの身体のうす皮が綺麗に剥けるので身体中のうす皮を綺麗に剥いておきましょう。
そこで肉を取り外すのですが身体の柔らかい部分に切れ目を入れ、指を入れてから甲羅を力いっぱい引っ剥がします。

そうすると内臓が出てきますので、尿袋と膀胱を破かないように注意しながら取り除き内臓を選り分けていくようにし、もし破けてしまった場合はすぐに水で洗い落とせば大丈夫です。
そして内臓が無くなったら肉を骨から丁寧に剥ぎ、食べやすいようにひと口サイズに切り分けておきましょう。
これですっぽんの調理準備は完成です。